スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「寝ずの番」 洒脱な人情喜劇で癒されたい夜に見る映画
仕事で疲れて人恋しい夜は、
人情ドラマで底から癒されるのがイチバンです。


でも、だからといって目から滝のような涙がでるしんどいのはパス。
カラリと笑って、じんと胸が締め付けられるような、
極上の人情喜劇
はコチラ

「寝ずの番」





... Read more ▼

津川雅彦こと、マキノ雅彦監督の
初監督作品です。


この、上方落語独特のリズムがたまりません。
相当にきわどい下ネタを連発しているにも関わらず、
下品に落ちないのは、作風のカラリと乾いたトーンと明るさのせいだけではありません。

津川さんのメガホンの下に集まった
名優たちの会話のテンポが、全くよどみを感じさせません。

耳を疑うような猥談すら洒脱に語ってみせる
芸の粋を見せつけられた感じがします((´∀`*))



乾いて明るいと言っても、
タイトル「寝ずの番」からも分かるように、
故人を偲ぶ通夜の夜を描く作品ですので、
バタバタと人が死んでいくんですが( -`Д´-;A)


下ネタ然り、
人の死という、最大のタブーを飄々と語ってしまうのも、
やっぱり芸の極致ですよね。



最後の中井貴一のセリフが深くてグっときます。

1時間半、さんざん笑ってきたけれども、
決して悲しくなかった訳でも、
ヤケで笑い飛ばしてい訳でもない。

「死」という、長い長いお別れに対し、
泣き、笑い、そして送り出すのが
彼らなりの最大の哀しみ方であり、悼み方
なのです。

寝ずの番@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : シチュエーション別で映画を観る
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

みるく

Author:みるく

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。