スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チュニジア旅行記6 2日目~チュニス国際空港→シディ・ブ・サイド~

ドバイから約6時間かけてチュニス国際空港へ。

砂漠の中立地帯を抜け、地中海の上空を行くルートなので、
眼下に現れるただひたすら眩しい不毛地帯と、深い青の海と、外の光景もなかなか目に楽しい旅でした。


そして、ほぼまる1日の行程を終え、ようやくたどりついたと思ったら、
またも、まさかのありえへーんトラブルが。


なななななーんと、ロストバゲッジですかあ?!?!
... Read more ▼

私一人かと思いきや、
十数人分の荷物が出てこない、集団ロストバゲッジの模様。

待つこと約2時間の間、
誰も説明しに来ない(苦笑


空港職員に説明を求めるも、フランス語でなにやらまくし立てられ、さっぱり理解できない。
(チュニジアはアラビア語とフランス語です)

のっけからチュニジアクオリティを見せ付けられ、
早くも不安を覚えることに、、、、



何とか荷物が発見され、同行してくれるガイドさんと運転手さんに、ようやく合流。

今回のたびのスタイルは、
4WDをチャーターし、運転手さんとガイドさんが同行するという、なんともお姫様なスタイル(笑


特別に贅沢しているというワケではなく、
交通機関が未整備な上に、砂漠地帯に行くには、どちらにしろ4WDを借りる必要があったため、
もう最初っから借りてしまえ、ということになったワケです。




本当なら、初日はホテルに直行する予定だったんですが、
ガイドさんの薦めで、2日目に行く予定だったシディ・ブ・サイド観光を先に行くことに。

DSCN8272.jpg


青と白の美しい町並みの向こうに見える、深い地中海と空の青。

アフリカというよりは、さすがは地中海の町だなあー!という光景に
ため息がダダ漏れました。

DSCN8288.jpg



そして、最古のカフェと名高く、数百年の歴史があるカフェ・ド・ナットへ。

憧れのミントティーを飲みつつ店内を見回すと、
ここはイギリスのカフェか?というくらいヨーロッパ人ばっかり。

観光地だからかなあ?と思っていると、
なんとラマダン月だということが発覚(前もって知っておけよ、、、)


ラマダン月というのは、イスラム教の習慣で
約1ヶ月間、日が昇っている間は、一切の飲食物を口にしない、という非常に厳しいものです。


ほぼ丸一日、何も口にしていないであろうガイドさんを前に、
なんとなーく気が引けつつも飲んだミントティーでしたが、
チュニジアでしこたま飲んだ中では、一番美味しかったです☆

DSCN8277.jpg


その後、チュニス泊の「BELVEDERE HOTEL」へ。

日本人がよく利用するホテルらしく、
BSの日本語放送も見ることができて、ちょっとうれしいサービスです!


近くに大きな公園があり、
ラマダン月は、日が落ちると皆が出てきて楽しいよ~とガイドさんから聞かされていたので
ウキウキして夜を待っていたんですが、

待っていたんですが、、、、


撃沈。



思ってたより疲れてたみたいですねー、
寝オチ、という初日を終えました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

みるく

Author:みるく

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。